歯列矯正の専門医院30年の実績 中久木矯正歯科センター

歯列矯正の専門医院30年の実績 中久木矯正歯科センター
TOP 矯正歯科 2つの診療所 矯正料金 お問い合わせ

 

 

日本矯正歯科学会認定医・指導医  

日本臨床矯正歯科医会会員  

米国C.H.TWEEDインターナショナルファンデーション理事 

日本Tweed矯正歯科研究会会長 

当院で治療を受けた皆様の声 

近代矯正歯科・歯列矯正の歴史はこちら  

中久木矯正歯科センターの歯列矯正ブログ 

ツイード講習会ブログ(歯列矯正講習)

 

歯列矯正の専門医院30年の実績 中久木矯正歯科センター歯列矯正の専門医院30年の実績 中久木矯正歯科センター

 

 

アリゾナ州ツーソンのダウンタウンと郊外。ツーソンはスペイン、メキシコ領を経て、現在アリゾナ州第2の都市である。砂漠地帯であるが周辺は鉱物に恵まれ、毎年大規模な見本市が開かれる。ツイード移住当時は鄙びた街だったが、現在は人口50万人弱(2000年)、都市圏人口は百万人に達するといわれており、なお増加傾向にある。

 

 

近代歯列矯正の歴史とツイード

 

 
   
アングルと出会って以降、共に多くの矯正治療を行ってきたツイードですが、
この頃から自らの治療結果に不満を抱くようになります。

  

 

1930年、アングルが死去します。ツイードは診療室をアリゾナ州ツ

ーソンに移しました。野球のメジャーリーグや日本のプロ野球選手

が冬場にトレーニングをする地として、最近耳にする機会が増えた

アリゾナ州は、アメリカの西南部、メキシコと国境を接する所にあ

り、冬の温暖な気候ゆえ当時からアメリカ人にとって避寒地として

知られていました。カリフォルニアとともに、多くの富裕層が自宅や

別荘をこの地に持っていました。ツーソンはツイードにとって、終の

棲家となります。彼の下には矯正を、エッジワイズ法を学ぼうと、

各地から歯科医が集まっていました。

 

ツイードは新しい地で矯正治療を続けますが、彼は自分が治療し

た結果に対して、大きな不満を持つようになっていました。彼の不

満点は二つありました。一つは、矯正治療後の患者の

 

『口元や横顔が治療前より悪くなっていた』

 

ものがあったこと、もう一つは、

 

『矯正装置を外した後の歯並びが非常に不安定』

 

なものがあったことです(いわゆる、「後戻り」がしやすいこと)。

ここで注目したいのは、彼の2つの不満のうち片方は、歯並びに対

するものではなかったことです。彼はこの時点で、歯並びを変える

ことが患者の口元を中心とした顔のラインやシルエット、(顔貌やプ

ロファイルと呼ばれることが多い)をも変えることに気づいていまし

た。それらの要素が、矯正治療をすることで悪くなっていたので

す。一方で、矯正治療をすることでそれを良くすることもできるので

はないかと考えていたのです。この着目は後に彼に大きな決断を

させることになります。

 

ツイードは上記のようなことが起こる原因が、歯の植わる顎骨の大

きさと、その上に並ぶ歯の大きさのバランスが取れていないからだ

と考えました。当時の治療は、個々の歯に矯正装置を取り付け、

咬み合わせのずれを正し、歯の重なりをほどき、八重歯を他の歯

と同じラインに並べていました。この過程で、歯の植わる土台(歯

槽骨)に歯が並ぶ場所が足りないと、歯を外側に張り出させたり、

歯槽骨を拡大して歯の並ぶ場所を確保していました。こうした治療

は歯を扇を開くように外側に張り出させ、歯槽骨を突出させます。

その張り出しが顔の皮膚や筋肉を通して顔貌、いわゆる顔の見た

目を変化させる結果となっていたのです。しかし矯正治療は顔や

頭、顎の骨全体を拡大したり、形を変えるわけではありません。し

たがって口元部分だけが張り出すことで、顔の他の部分とのバラ

ンスが変わり、多くの場合バランスが崩れてしまう結果となったの

です。また、過度に拡大された歯並びや歯槽骨は、拡大する力や

それを保持する力が無くなると容易に反動を起こし収縮しました。

その結果、矯正装置を外すとすぐに歯並びが乱れる、歯並びを維

持する保定装置(リテーナー)をいつまでも使い続けないと歯並び

が容易に乱れてしまうという問題が起きたのです。

 

つづく>>

Back

アクセス>>

TOP歯列矯正とは診療所お問い合わせサイトマップリンク
Copyright(c) 2004 Exsys. All Rights Reserved.