歯列矯正の専門医院30年の実績 中久木矯正歯科センター

歯列矯正の専門医院30年の実績 中久木矯正歯科センター
TOP 矯正歯科 2つの診療所 矯正料金 お問い合わせ

 

日本矯正歯科学会認定医・指導医  

日本臨床矯正歯科医会会員  

米国C.H.TWEEDインターナショナルファンデーション理事 

日本Tweed矯正歯科研究会会長 

当院で治療を受けた皆様の声 

近代矯正歯科・歯列矯正の歴史はこちら  

中久木矯正歯科センターの歯列矯正ブログ 

ツイード講習会ブログ(歯列矯正講習)

 

歯列矯正の専門医院30年の実績 中久木矯正歯科センター

ツイードがアリゾナ州から受けた矯正専門医の免許証第1号  現在もTweed Foundationに保管されている

 

近代歯列矯正の歴史とツイード

 

 
 
「矯正歯科の父」アングルに認められたツイード、時にツイード33歳、アングルは73歳でした。彼らは師弟の枠を超え、良き友として共に歩みます。その親交は家族ぐるみのものでした。当初ツイードは他の歯科医師同様、一般歯科治療を行いながら矯正治療を学んでいました。しかしアングルと共にエッジワイズ法の研究・実践を行ううちに、矯正専門医としての生き方を模索するようになります。

 

 

1928年、ツイードはアングルの求めに応じ、初めてエッジワイズ法

を専門として矯正治療を行う医院をフェニックスに設立します。

1932年、ツイードはエッジワイズ法について初めての論文を発

表します。そして翌年、彼はアリゾナ州から最初の、矯正専門医と

しての認定を受けます。これに先立つ1929年、アリゾナ州は全米

で最初に、歯科の中での矯正歯科の専門性を認め、この治療を行

う者を認定する法制度を作りました。ツイードはこれを主導し、後に

自らがアリゾナ州第1号の認定者となったのです。またアリゾナで

のこの法案の通過は、アメリカ矯正歯科専門医認定委員会

(American Board of Orthodontics)の発足(1929年)につながりま

した。

こうしてツイードはアメリカで最初に矯正専門医の認定を受けまし

た。これは同時に、世界最初の矯正専門医の誕生を意味しまし

た。

 

 

 

世界中の矯正医に最も多く読まれている学術誌に、「American Journal of 

Orthodontics and Dentofacial Orthopedics(AJO-DO)」があります。この各号の

表紙には、「Dentistry's first specialty」の文字が掲げられています。歯科の各専

門科の中で、矯正は最初にその専門性が認められた分野であり、1929年はそれが

広く認知された年でした。ツイードはこうしたアメリカでの流れを作った立役者の一

人です。

日本には政府や都道府県等が定める矯正専門医の免許制度はありません。法人

や団体がそれぞれ定める認定制度がそれに代わる形になりますが、こうした認定を

受けなくても、あるいは矯正専門医でなくても、歯科医院は治療科目に矯正歯科を

掲げ、治療をすることができます。)

 

つづく>>

Back

アクセス>>

TOP歯列矯正とは診療所お問い合わせサイトマップリンク
Copyright(c) 2004 Exsys. All Rights Reserved.