歯列矯正の専門医院30年の実績 中久木矯正歯科センター

歯列矯正の専門医院30年の実績 中久木矯正歯科センター
TOP 矯正歯科 2つの診療所 矯正料金 お問い合わせ

 

日本矯正歯科学会認定医・指導医  

日本臨床矯正歯科医会会員  

米国C.H.TWEEDインターナショナルファンデーション理事 

日本Tweed矯正歯科研究会会長 

当院で治療を受けた皆様の声 

近代矯正歯科・歯列矯正の歴史はこちら  

中久木矯正歯科センターの歯列矯正ブログ 

ツイード講習会ブログ(歯列矯正講習)

 

近代歯列矯正の歴史とツイード −アメリカ20世紀初頭の矯正発展期−

歯列矯正の専門医院30年の実績 中久木矯正歯科センター

― ツイードの肖像画と共に −

Charles H. Tweed International Foundation   Tucson, Arizona

歯の一本一本に矯正装置を取り付けて歯を動かす現在の矯正

装置のスタイルが考案されたのは、1900年代初期のことです。

一般的に矯正装置(braces)と呼ばれるものは、各々の歯に取り

付ける装置(エッジワイズ・ブラケット)とそれに結び付けて歯に

力をかける針金(アーチワイヤー)に分けられます。この仕組み

を考案したのは、アメリカ人のEdward H. Angle(アングル)

(1855-1930)という人です。今を遡ること九十年以上前のことで

した。

 

この仕組みはそれぞれの歯を三次元的に、個別に意図するよう

に動かすことができる点で非常に優れており、現在に至るまで

多くの人達により改良を受けながら使われ続けています。矯正

装置といえばこの形のものを指すほどです。この他にもアング

ルは、第一大臼歯と呼ばれる奥歯の咬み方に着目し、不正咬

合を分類したり(アングル分類)、現在のアメリカ矯正歯科医会

(American Association of Orthodontists)の母体となる

「National Orthodontic Society」を設立し初代会長となるな

ど、現在に続く近代矯正の発展に多大な貢献をしました。この

時期矯正歯科はアメリカのアングルを中心に急速に発展しまし

た。多くの優れた研究が成されたのもこの頃です。アングルが

「歯科矯正学の父」と呼ばれる所以です。彼が最初に矯正治療

を行ったのは1878年ですが、アメリカは彼の功績を称え、当時

の彼のラボ(診療室及び研究室)をスミソニアン博物館に再現し

展示しています。

 

アングルはアメリカ国内3箇所に教育研修機関とも言える、

「The Angle School of Orthodontia」を設立しました。1900年

のことです。ここにはアメリカ各地から新しい矯正治療を志す人

達が集まり、150人余りの卒業生を輩出しました。

このページのタイトルにあるツイード(Charles H. Tweed)は、

1895年、アリゾナ州フェニックスに生まれました。デンタルスク

ールを卒業後、アングルに出会ったツイードは、矯正治療を志

しカリフォルニア州PasadenaにあったAngle Schoolに入りま

す。1927年のことです。この時アングルは、Pasadenaに居を移

していました。

 

ここで学ぶ間に、ツイードは、アングルから大きな信頼を得るに

至ります。ツイードはアングルの考案したエッジワイズブラケット

とレクタンギュラーワイヤー(角矯正線)を使う矯正技法(以降エ

ッジワイズ法と呼ぶ)の良き研究者であり、やがてその実践者と

なりました。

 
 
 
 
 
人間の顔立ちや体格がそうであるように、歯や顎の形、大きさも親から子へ遺伝す
る要素があります。アングルより前の時代、矯正治療はヨーロッパ中心に発展して
きました。可撤式装置(入歯のように患者が自ら装置の付け外しを行う矯正装置)を
用いる治療が主でした。患者の成長に合わせて装置の形を変えることで、成長の
誘導も行われていました。当時ヨーロッパは人種、民族が各々の国家を作っていた
ため、それぞれの顔立ち、歯並びに合わせた治療方法が主体でした。一方で、現
在のアメリカ合衆国は、新大陸として発見され、ヨーロッパ諸国からさまざまな人種
が新大陸に移り住むことで成り立ってきたことは周知の通りです。さらにアフリカか
らは、これも様々な地域から黒人が奴隷として新大陸に渡りました。そしてアメリカ
では、それぞれの母国では考えられない程に異人種、異民族間の交配が行われ、
それぞれの形質を受け継いだ子孫が生まれました。白人黒人の中にも民族により
さまざまな形質があります。小さい顎と大きな歯の遺伝子を受け継いだ子供は乱食
い歯(叢生)になる可能性が高まるでしょう。逆のパターンでは歯と歯の間に隙間が
できるかもしれません。メンデルの法則の通り、親の持つ形質、遺伝的要素は、そ
の子供に現れなかったとしても消えることはありません。隔世遺伝として孫の代に
現れたりもします。さまざまな民族が流れ込んで人種のるつぼと化したアメリカで子
孫が数を増やすにつれて、ヨーロッパから持ち込んだ、民族や人種毎に対応してき
た従来の矯正手法での治療に限界が出てきたのではないかと私は考えます。歯の
一本一本に装置を取り付け、悪い位置にある歯に三次元的にアプローチして歯並
びを直す。アングルの革命的考案は、アメリカだからこそ生まれたものかもしれませ
ん。後に地球規模で人々が移動する時代となり、このアメリカ的な治療方法が世界
に広く普及したのは自然な流れといえましょう。

つづく>>

Back

アクセス>>

TOP歯列矯正とは診療所お問い合わせサイトマップリンク
Copyright(c) 2004 Exsys. All Rights Reserved.